加齢臭フェチの女子?

加齢臭フェチの女子?人の好みはさまざま

加齢臭フェチの女子?

人の好みはさまざまです。世の中ではとかく嫌われものの加齢臭が好きでたまらないという、加齢臭フェチの女性が話題になっています。どうして彼女たちは加齢臭が好きになったのでしょう。
加齢臭の元はノネナールという有機化合物で、皮脂腺から分泌された皮脂が汚れたり、細菌が繁殖したりする中で分解され酸化して発生します。「魚のようで生臭い」「古い油のみたい」「チーズのようなニオイ」などと表現されるものですから、決して素敵な香りとはいえません。
それなのに、そのニオイがたまらなく好きというのは不思議な感じがしますよね。
ニオイの感じ方には個人差があります。ですからニオイの好みも人それぞれということになるのです。あなたが我慢できないほど不快だと感じるニオイを好きだという人もいるのです。
動物のメスは本能的に自分に似たニオイのオスを嫌う傾向があります。これは動物が自分の種を保つうえで重要なもので、近親交配をさけるためのシステムです。似通った遺伝子しかもたない個体よりも、多様な遺伝子をもった個体の方が環境の変化に対応できるため子孫を残していけるからです。その仕組みは単純でニオイによってかぎわけているようです。これは人間にもあてはまることで、女の子が思春期を迎えると父親のニオイを嫌うようになる原因にもなっています。ですから、自分の父親と同世代の人のニオイが好きだと感じても変ではないのです。
男性の汗に含まれる「アンドロスタジエノン」が強力なフェロモンだと主張する研究もあります。女性に「アンドロスタジエノン」をかいでもらったところ、性的な興奮状態になったというのです。興味深い話ですが、「アンドロスタジエノン」そのものにはニオイはありません。実際にはフェロモンに反応したのですが、加齢臭をかいで興奮したと錯覚しているのかもしれません。しかし、こういう女性は少数派です。
女性のほとんどは加齢臭を不快に思っているというのが現実です。くれぐれも加齢臭対策をお忘れなく。


HERB GERDEN さくらの森シャンプー&コンディショナーセット

「髪や地肌、環境に優しく」をコンセプトにHERB GERDEN さくらの森シャンプー&コンディショナーセットは生まれました。
天然の成分にこだわったヘアケア商品で、人や地球に大きなダメージを与える化学的な人工物を使用していません。
ハーブガーデンのシャンプー&コンディショナーの成分は天然由来ですから自然に分解されて水にもどります。環境に優しいということは、赤ちゃんや肌のデリケートな人にも安心です。

● ハーブガーデン、地肌のための3つのポイント

・決め手はオーガニックハーブウォーター
ヘアケア商品のベースとなる精製水にこだわりました。ただの水ではなく、ハーブウォー
ターを使用しています。毛髪や地肌の健康を考えた7種類のオーガニックハーブ、ローズマリー、すぎな、バジル、よもぎ、ローリエ、カモミール、ミントを厳選しました。
化学肥料を使わず無農薬で栽培されたオーガニックハーブを煮出して抽出したハーブウォーターを精製水としています。そのため毛髪や地肌の健康に必要なミネラルが十分な補給されるという画期的なものです。

・アミノ酸系・ノンシリコンシャンプー
毛髪や頭皮に十分な配慮をされた、優しいノンシリコンシャンプーです。
弱酸性でアミノ酸系の洗浄剤は、毛髪や頭皮と同じ成分なのです。ですから、毛髪や頭皮ダメージを与えません。
さらに、優しい泡立ちで泡切れがよく、保湿にも優れています。そのため、美しい髪に育ててくれます。そのため、コンディショナーなしでも髪はしっとりとしてツヤがでます。


・厳選された20種類の天然由来成分が含まれている
地肌を守り、潤いを保つうえでは、天然由来の成分が大切です。ハーブガーデンのシャンプーには天然由来の成分が豊富に使われています。
ラフィノースは天然のオリゴ糖で保湿性に優れています。ユズセラミドはバリアで潤いを保ち、ヒアルロン酸が水分を保持してくれます。さらに、スカルプケアの効果のある10種類の植物成分も使われています。
それらの効果をより高めているのがフルボ酸です。フルボ酸には20種類のアミノ酸、18種類のミネラル、そのほかにもビタミン類がたくさんに含まれています。ミネラルをより深く吸収させることで効果的に働きかけてくれます。

●商品情報
今が「ハーブガーデン」を半額で購入するチャンスです。公式ホームページをご覧いただいた方の特典で、先着300名様限りです。(1回限りではありません。今後もこの価格で購入いただけます。)
ハーブガーデン さくらの森 シャンプー&コンディショナーはそれぞれ300mlで約2ヵ月お使いいただけます。通常はシャンプーとコンディショナーで8,000円ですが、特別モニター価格は半額です。4,000円で送料も不要です。
また、信頼の商品ですから返金保証の期間があります。(15日間)
ぜひこの機会に、毛髪にも頭皮にも環境にも優しい、ハーブガーデン さくらの森をお試しください。
あわせて読むとおすすめ⇒加齢臭シャンプー


内服薬で治療する

手汗の治療に内服薬を用いることがあります。
そして、内服薬として以下のようなタイプの薬が用いられます。

・精神安定剤
汗を抑えるためではなく、手汗に関して心理的苦痛を取り除くために精神安定剤を使用します。
緊張や不安を感じると汗をかきますが、手汗に苦しんでいる方の多くは、手の異常発汗のことで常に不安を感じている傾向にあり、そのことが原因で、さらに手汗が悪化することがあります。
そのため、精神安定剤を使用して、手汗への不安を解消し、発汗量を抑えることができます。

・神経遮断薬
神経遮断薬は、直接発汗に作用する薬です。
交感神経の働きが活発になると、手の発汗量が多くなります。
そこで、神経遮断薬を用いて、交感神経の働きを抑えて、汗をかきにくくしていくのです。
この神経遮断薬を使用した治療は、手の発汗量を抑えるにはかなり有効な方法で、手汗以外にも多汗症の治療などに活用されています。
つまり、手の汗などと、身体の一部に作用することを望んでいても、全身の発汗を抑えることに繋がってしまうといったデメリットがあります。
神経遮断薬を用いることで汗をかきにくくなってしまうと、体温がうまく調節できなくなったり、神経遮断薬により喉の渇き、便秘、胃腸障害をなどの副作用を起こすこともありますので、医師とじっくり相談したうえで、正しい用法、用量を守ることが大切です。
articlbottom
PageTop